武雄訪問物語その2

樋渡市長に4月の桜の満開の時期に吉野に訪問していただくためにアプローチ開始。

武雄市から吉野に帰郷後の夜に、すぐさま御礼と日程調整のメールを送らせていただ

いたのが始まりでありました。

(メールの一文より抜粋)

市長の「吉野に行くよ」という言葉、素直にうれしかったです。

満開の桜が咲く吉野山へ、是非来てください。

そして吉野の山に響く心の力を与えてください。

吉野の桜の時期は4月10日前後が最高です。

あつかましいお願いですが、日程を調整していただければ幸いです。

その時の秘書官が古賀龍一郎さんで、日程調整をしていただき

吉野の訪問が4月13日(金)に決定しました。

例年吉野山の桜は、金剛蔵王権現に桜の満開を報告する4月11・12日の花供会式に

見頃を迎えると言われており、今年は4月に入っても気温が低い状態が続いていたので、

最高の桜を市長に見てもらえると思っておりました。

しかし、なかなか気温が上がらず、吉野訪問の前日になっても下千本の開花状況が

8分咲きでした。

(開花状況を確かめるために、前日に吉野山に上って撮影した下千本の写真)

CA3H0635

そして、いよいよ市長を吉野に迎える13日の金曜日がやってきました。

吉野山の桜は勿論でしたが、秘仏本尊 特別ご開帳を開催している

金峯山寺蔵王堂で、感動の演出を企画しておりました。

感動の場所(金峯山寺蔵王堂)へたどり着くまでの案内ルートをご覧ください。

桜井市の国宝十一面観音の聖林寺を見学し、大化の改新で有名な

多武峰談山神社の十三重塔を見たのち、吉野に入る。

金峯山寺蔵王堂に到着したのは15時を過ぎていたように思う。

PAP_0775

感動の演出を企画した場所であり、時間が止まる瞬間を味わって

いただいた場所でもあります。(時間が止まる蔵王堂の眺望)

吉野の自然の力を、肌で感じていただけた瞬間であったように思う。

そして、市長のファンである本善寺に立ち寄り、首長パンチin吉野の

講演会を迎えた。

PAP_0898

次回に続く・・・・・・・





武雄訪問物語その1

2月にストリームカフェin武雄で樋渡市長と初めてお会いさせていただき、

4月の市長吉野訪問、そして5月の武雄市訪問、このような展開になるとは

はっきり言って私自身も予想していませんでした。

今から振り返ると、2010年5月に放映されたフジテレビ新報道2001の樋渡市長を

見て、非常に親近感を抱き、いつか会ってみたいと思ったのが始まりでした。

特に戸別訪問をして住民の方と庶民的に接する中で、新商品を生み出していく姿が

特に印象に残っております。

そして2011年12月に偶然見つけた第6回ストリームカフェin武雄市

なんとゲストスピーカーに樋渡市長 開催日は2012年2月11・12日

運よくスポットでこの日が空いていたので、これを企画している京都の北林 功さんに

すぐさまメール申込みをしたのを今でも覚えています。

この偶然のチャンスを、自然の流れのように与えてくれた

北林さんと竹林さん(ストリームカフェ企画者)には心から感謝したいです。

http://streamandreading.blog29.fc2.com/blog-entry-106.html

そして2月に武雄訪問、樋渡市長の講演は炎上しまくりの衝撃的なものでした。

地域を変え、日本を変える力のエネルギーを感じました。

この市長のエネルギーが、私の市長に対する「吉野の桜を見に来てください」

という言葉の投げかけになったのだと思います。

2月に初めて市長と出会った時の貴重な写真

CA3H0558

日本一の吉野の桜を見てほしいというのがきっかけではありましたが、

それ以上に吉野に来ていただき、市長との時間を共有してもらう中で、

一人でも多くの方が刺激を受け、気づき、新しいことへ挑戦する力を

抱いてくれればという願いの方が強かったのも事実です。

吉野訪問に続く・・・・・・・・・

吉野のまち案内で見えてきたこと

今年の4月は例年になく人を連れて吉野山によく行きました。

そのお蔭で桜から新緑に変わる風景の美しさも改めて感じさせていただきました。

CA3H0632CA3H0664CA3H0796

吉野町には吉野山以外にも素晴らしい景観場所がたくさんあります。

今回案内させていただいた津風呂湖と国栖の里も吉野が誇る美しい景観場所

の一つです。

CA3H0781CA3H0782

まち塾提唱者の磯井純充さんと地域おこしの旅人友廣裕一さんを案内している道中

吉野の景観の美しさが看板の少なさにあることを指摘されました。

そして地域の豊かさを引き継いできた証が、集落の瓦風景に表れていることを!

人口が減少し、空き家が増え、過疎化が進んでいる中で、この景観の豊かさを

保持できているところに地域の底力があるのではないだろうか。

そのことに町民自身が気づき、行動を起こしていくことが、吉野というポテンシャルを

蘇らせることに繋がるように感じます。

時間をかけてきたモノの価値を理解し、次の時代にどのように活かしていくか、

今、問われているように感じます。

今、自分の立場でできることは、空家対策条例や景観条例などの政策提案や

空家を利用したシェアハウスなど人を呼び込み動かす見える化事業だと考えております。

もう一つ好きな景観が吉野川を渡る鉄橋の風景です。

CA3H0834

このような景観を生かすも殺すも人次第であるということを

肝に銘じてまちづくりに取り組んで行きます。

震災から一年

あの未曾有の震災から一年、今日は特別な日。

一人一人が、今の現実と向きあい、考え、行動を起こしていかなければ

ならない一日だと思います。今の自分に出来ることを!

私自身も、この一年間を振り返り、そしてこれからの人生を歩んでいく中で

震災とどのように向き合い、自分が何をすべきか、ブログに留めたく投稿しております。

新たな映像から見えてくる津波の恐怖、自然災害の恐ろしさ、命の大切さ等々

色々な角度・視点から、社会や物事を見ていかなければならないと感じさせられました。

私自身にとって、この一年の最大の後悔は、いまだに被災地に行けていないことです。

現場に足を運び、自分の目で確かめる、この基本ができていないことに

自分の未熟さを感じます。

今日から始まる一年、現地へ行くことで、自分が震災とどのように向き合うか

決める一年にしたいです。

復興に向けて、10年・20年かかる長き道のりの中で、少しの期間・時間でも

貢献できることを探求していきたいと思います。

自分の職業や立場(今、置かれている環境)の中で、使命感を持って全うできるよう

歩みます。

震災から一年、日本再生に向けてのキーワードは「使命感」です。

銘木と銘酒の町フォーラム2012を振り返って①

2月25日小雨の降る中ではありましたが、約300名という方にお越しいただき、

盛大にフォーラムを開催することができました。

まずはご参加いただきました皆様、そしてスタッフとして関わってくださいました皆様に

心から感謝申し上げます。

フォーラム1

昨年、吉野杉の木桶仕込みの復活という事で、メディア等注目していただき

吉野という地方にも関わらず、事前登録で150名を超える参加申し込みがあり、

会場を変更するという、うれしい誤算がありました。

そして迎えた今回のフォーラム、各紙の新聞には掲載されましたが

注目度からすると昨年より劣るという事は覚悟しておりました。

しかし、吉野杉の原点である桶樽の容器としてのルーツを醤油、味噌などの

醸造まで掘り下げて学び、今後の吉野杉活用の可能性に繋げたい

思いがありました。

その思いに応えてくれる素晴らしい人との出会いがあったことが、昨年以上の

参加者によるフォーラムの開催ができた一つの理由かもしれません。

パネリストとして

足立醸造(足立達明)、白線酒造(加藤孝明)、日本木槽木管(西川晴康)

フォーラムに参加いただいた

ヤマロク醤油(山本康夫)

我々が視察見学に行き、吉野杉や吉野の歴史への想いを語る姿を現場で

体感させていただいたからこそ、何とかお越しいただき、外から見た吉野の

話をしていただきたいという流れになったのだと思っております。

人の繋がりから発展した今回のフォーラム

吉野にとって欠かすことのできないパネリストであったことは事実です。

そしてもう一つの新たな試みがフードコートYOSHINOの開設でした。

昨年のフォーラムに参加いただいた奈良の食文化研究会の木村さん

との出会いから、このフォーラムを通して新たな吉野の食文化が生まれれば

という願いのもと、開設に至りました。

会場付近には、食事を提供してくれる場所がないことから、「おもてなし」

という観点からも必要不可欠でありました。

フードコートは吉野らしく楽しく食事をしてもらうことをテーマにしましたので、

目玉として、樽サーバー、吉野杉のYATAIで吉野らしさを演出しました。

CA3H0611

CA3H0612

吉野本葛を説明を交え提供している中井春風堂の様子

CA3H0629

地元商工会女性部・青年部の協力は心強く、フードコートの大きな

原動力となりました。本当に感謝です。

この写真が今回のフードコートYOSHINOの表情だと思います。

フードコート

吉野のYATAI、吉野の食文化の第一歩となるような予感!

銘木と銘酒の町フォーラム2012

本当に久しぶりの投稿になりました。

フェイスブックを始めてから、ブログが疎かになってしまいました。

しっかりとした想いを伝えるにはブログの必要性も大切だと思っております。

昨年度に続き、産業と文化のまちづくり「銘木と銘酒の町」フォーラムを

2月25日開催させていただきます。

チラシ

吉野杉の原点である桶・樽から始まったこのプロジェクト

木桶の復活とともに、木桶仕込みの日本酒も復活させることができました。

木桶職人上芝氏との出会い、協力がなければ成しえなかったプロジェクト

だと、改めて感じております。

あれから早一年、地震や台風災害など多くの震災が、日本を襲い

我々の価値観にも変化をもたらしたように思います。

日本人としての価値観、地域の暮らしを支えてきた文化的な価値観、

そのような価値観を支えてきたのが日本の産業であり、地域固有の産業で

あることを感じながら、2年目のフォーラムに臨みたいと思います。

今回は、味噌、醤油など容器としての可能性を探るべく、視察を重ね

吉野杉の可能性を探求してまいりました。

パネルディスカッションでは、吉野杉の可能性を

「日本文化」「吉野杉の木桶」「吉野杉の木槽」の視点から

実践に即した話が聞けると思います。

また、フードコートでは、日本酒にあう吉野の食文化を楽しんでいただける

催しも同時開催しております。

そして、これからヒットする予感の吉野YATAIも登場します。

詳しくは吉野ウッドプロダクトホームページをご覧ください。
http://www.yoshinostyle.com/index.html

尚、参加ご希望のみなさまは、事前申込みのご協力をお願いいたします!
申込みはこちらから!
http://www.yoshinostyle.com/pg99.html


2011年に感謝

2011年もあっという間に大晦日を迎えました。

振り返ってみますと、人との出会いから挑戦を繰り返した一年であったように思います。

昨年の大晦日は、経験したことのない大雪に見舞われ、胃腸の具合が悪く、

今思うと、荒れる予感の大晦日だったのかもしれません。

今日は穏やかな天候で、自然が微笑んでくれているように感じました。

我々の仕事は、常に自然と向き合い、恩恵を受けながら生かされています。

持続可能な社会の構築に、林業が一役を担える、そんな想いを持って2012年も

挑戦していきたいと思います。

まだまだやらねばならない大きな山があります。

支えてくれている多くの人に感謝しながら、地域の力を信じて、歩みたいと思います。

2011年、中神木材と関わり、支えてくださいました皆様に心から感謝申し上げます。

中井章太

森林セラピー講演会&ワークショップin吉野町

11月19日(土)吉野町で森林セラピー講演会&ワークショップが

開催されました。

CA3H0300

講師には、私がこの事業に思いを込めて出会った長野県信濃町

の浅原武志氏と浅原氏と共に信濃町を先進的な森林セラピー基地に

導いた嶋田俊平氏です。

浅原氏講演会の様子

CA3H0301

ワークショップの様子

CA3H0310

CA3H0309

昨年12月に浅原氏にお越しいただき、関係団体並びに町職員を中心に

勉強会を開催させていただき、今回の講演会に繋がってきたことは

大変意義深いことだと感じております。

単なる講演会では、成功へのプロセスが厳しい。

なぜならば聞いて感心して終わりのケースがほとんどである。

一番大切なのは、アクションを起こす仕組みと人材を見つけ出すことである。

その点においても、今回の講演会に参加いただいたのは、個々の組織で活動を

されている方が中心であったという事にポイントがあると思っております。

私は今回の事業を通して、行政と住民の役割を導き出し、恵まれた資源のある

吉野が本気になる仕組みが構築できないか、挑戦してみたいと考えております。

浅原氏と出会い一年、公務員として出る杭は打たれる仕組みを、何とか変えたい。

そして同じ思いを若い者にさせたくない。だから自分が突き出て成功を残す。

この言葉に力強いエネルギーを感じます。

私も、ここ数年色々な人と出会わせていただき、力を与えていただき、アクションを

起こさせていただいております。

人と人が繋がることが、まちづくりの原点であることを、改めて感じさせていただいた

一日でした。

翌日、浅原氏と嶋田氏を金峯山寺蔵王堂に案内させていただき、

聖地吉野の魅力を大いに感じていただきました。

CA3H0312

高知本山町視察二日目

原木栽培にこだわりを持って経営されている大石きのこ園さんに

視察に行かせていただきました。

CA3H0262

吉野でしいたけ業を営む岡本君が熱心に話をされていました。

棚田の郷見学 鹿や猪がこないそうで、柵もなく本当に美しい棚田でした

本山町の棚田で作るお米 天空の郷

2010年静岡で開催されたおいしいお米日本一コンテストで最優秀賞を受賞

CA3H0268CA3H0270

乳イチョウ 初めて目にした光景でした

CA3H0263CA3H0264

ばうむ代表の藤川工務店さんのモデルハウス見学

CA3H0271

最後の視察として嶺北三町村で取り組んでおられる木の駅プロジェクトの現場に

行ってきました。

CA3H0275CA3H0273

捨て切り材、林地残材を活用して、山の仲間づくり、地域通貨を通して

地域内の経済循環を呼び起こそうとする裾野を広める取り組みであります。

持ち込まれた木材が1トン6000円のモリ券(地域内通貨)に変わります。

(社会実験検証中)

CA3H0277

先日、東京での丹羽健司先生との出会いから、早速、現場を見る機会を

与えていただいたことに大きな意義があると感じております。

我々吉野においても、吉野林業という名のもと、林業を中心とした

産業再生に向けてさまざまな活動はしておりますが、

住民の意識を変え、裾野を広げる取り組みをしているのだろうか。

この事業の話を聞かせていただいた時、素直に感じました。

日本の国土の7割が森林です。

森林・林業再生プランのもと、日本林業の岐路に立っている今、

自分たちの住んでいる森林、山とどのように向き合い、関わっていくか、

素人でも関われる地域林業の可能性を秘めた第一歩の取り組み

だと感じております。

今回、井上将太さんに案内していただき、本山町にある地域資源を

見せていただきました。

日本全国どこにでも誇れる地域資源はあると思います。

地域資源を活かし、地域力を生み出す為に最も重要なことは、

そこに住む人材(人財)であることを改めて痛感しました。

二日間ありがとうございました。

高知本山町視察 一日目

今回、トヨタ財団さんのご縁から高知県本山町でばうむ合同会社で営業をされている

井上将太さんをご紹介いただき、新たな出会いと学びを得るため、高知へ行ってきました。

CA3H0242

商工会青年部の有志が中心となって、地域に雇用と所得を

生み出す為に設立されたばうむ合同会社。

CA3H0243

木工、家具製品を中心に、裾野を広げ、住宅事業に展開していこうと

されています。地域資源を自分たちのアイデアで売っていこうとする

熱意を感じました。

廃校舎を利用した宿泊施設(清流館)

CA3H0255

CA3H0250CA3H0252

平成8年に閉校になった木材を活用した素晴らしい施設です。

CA3H0254

こんなに木の暖かさを感じれる素晴らしい施設を、子供たちが学べる学校として

活用できない地域の現状に、今の日本の寂しさを感じました。

CA3H0256

廃校舎の近くで手作りの木工、家具製品をつくっている筒井木工所さん

モノづくりにかける職人魂を感じました。

手をかけた同じものが二つとない商品をつくっている職人が、商売をやっていける

環境を築けない現状も、地方の抱える課題の一つかもしれません。

観光として樹齢3000年の日本一の大杉を見学

CA3H0244CA3H0245

美空ひばりがの歌碑が建てられています。

CA3H0246

昭和初期に建てられた風情ある高知屋旅館に宿泊

CA3H0261

以上一日目報告